プロフィール

nappy*

Author:nappy*
Ciel doux(シエル ドゥ)のnappy*です。
ほんわか癒し系のお顔のあみっこづくりをめざしてマイペースであみあみしています。
あみっこの製作状況や参加イベント、委託ショップさん納品、お気に入り、その他日常のいろいろを気ままにつづっていきます。

インフォメーション



ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。




しばらくお休みします・・・
m(_ _)m












  

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア



cdbanner1.gif
閉鎖しました。
長い間ありがとうございました。
m(__)m


Instagram

aminappyをフォローしましょう


ブログパーツ時計





+++material+++


night on the planet

chaton noir

chai.jpg

mattarihonpo.gif

bous.jpg

moz.jpg

フリー素材*ヒバナ *  *

mariya.gif

bunbunbun083.png

banner.gif



カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

  • 2011
  • 03/22
  • Tue

思いやりを忘れなかった人々

今朝の新聞 Voice『声』に投稿されていた茨城県の高校生。。。

とてもこころに残ったので紹介します。



IMG_0223a.jpg



東日本大震災で震度6強を観測した茨城県。
わたしが住む町から電気が消えました。
あの日泊まった学校の真っ暗な教室の窓から見たオリオン座は
すごくきれいでした。
いつもなら教室にいることが許されない夜に、
同級生6人でひざ掛けを分け合い、肩を寄せ合って暖を取りました。
遠方で帰れない友人に寄り添いたくて、
親には迎えに来ないでと電話しました。
早く帰宅したいであろう先生方は文句もいわず、ランタン片手に
わたしたちに付き添って下さいました。

夜が明けて町へ出ると、給水所に携帯で妹の死を知らされ泣いている女性がいました。
どこの店にも大行列。
物は不足し、電気もお水もない状況でしたが不思議に思いやりはあふれていました。
お互いが気遣い、食料を買う時には後ろに並んでいる人数を確認して商品をかごに入れました。
いつもなら梅が香る通学路にも亀裂が入り、通行止めになりました。
しかし、このような大震災の中でも我欲を忘れず、懸命に生きる人々の姿がありました。



top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。